今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】- 27『銀魂 多方面に喧嘩を売るパロディのオンパレード』

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

 銀魂実写版ががなかなか評判良かったので見てきました。

原作はそろそろ完結といった感じです。

wwws.warnerbros.co.jp

 

原作はパロディのオンパレード

原作はジャンプで連載中のギャグ漫画。

パロディのオンパレードです。

matome.naver.jp

 色々なところに迷惑をかけたからか、アニメも打ち切りからの復活という事態を経験しています。

しかも、原作とアニメでパロディの中身が違ったりします。文章と動画で伝わり方が違うからでしょうか(単に許可が取れなかっただけのような気もする)?今回も映画仕様ですね。

 一応、原作では比較的前半部分の紅桜編をベースにしているので、該当箇所を原作とアニメも合わせて見比べると面白いかもしれません。

 

キャストが豪華

キャストがとても豪華です(ネタの登場含め)。

小栗旬(坂田銀時)

坂田銀時

 

 

 

 

 

 

 

主役の銀さん役は、小栗旬です。

過去に原作マンガやアニメにも登場している(おそらく当初は無許可パロディ)ため縁があったのでしょう。

出典:銀魂実写版「小栗旬之助の件で訴訟を起こしてもいい」小栗旬に脅されて撮影現場に来る空知先生が可愛い - NAVER まとめ

 

・菅田将輝(志村新八)

志村新八

 

 

 

 

 

 

 

 新八役は、菅田将輝。『帝一の國』の野心あふれる主人公帝一を演じたり、『DEATH  NOTE Light up the NEW world』のサイバーテロリスト紫苑優輝を演じたり、ジャンプ系マンガの実写化とは縁があるようですが、その役柄も多彩です。

 

・橋本環奈(神楽)

神楽

 

 

 

 

 

 

 

 1,000年に1人の美少女こと、橋本環奈を神楽役で起用するあたりに銀魂らしさを感じます。神楽はもちろんボケ担当(銀魂にボケ担当じゃないキャラの方が少ないですが)ですし、身体を張ったネタも多いです。

ちなみに例の写真もメタ的に登場します。

f:id:hiroki0412:20171015172403p:plain

出典:橋本環奈「奇跡の一枚」画像が人気の理由&カメラマンまとめ【1000年に一人の美少女】 | AIKRU[アイクル]|女性アイドルの情報まとめサイト

 

長澤まさみ(志村妙)

志村 妙

 

 

 

 

 

 

 

 

お妙さんに長澤まさみを起用したプロデューサーGJ!

今回、長澤まさみ出演が映画を観る決め手になったと言っても過言ではない…

 

今回初めて原作を読ませて頂いたのですが、この作品を福田監督が撮ったら必ず面白くなると思い、受けさせて頂きました。女の人は潜在的に優しい部分と強い部分を持ち合わせていると思うのですが、妙の柔らかい素顔と強い素顔はその二つの顔を表現していてそれこそが妙の魅力だと思います。今まで、変顔に近いお芝居をしたことがなかったので、いままでとっておいて良かったなと思いました。

出典:実写映画化! 7.14公開 映画『銀魂』公式サイト

 

あれ???原作読んだことなかったの???大丈夫???

でもかわいいから気にしません。

そもそも、ジョジョで伊勢〇友介という戦犯がいましたし、あれ?そういえば前に2人の間で付き合っている報道が出ていたような…

 

・その他

その他、パロディ登場で「これほんとに許可撮れたのか???」となった登場キャラとしては、ジ〇リの〇〇とか、バ〇ダイロボットアニメの〇〇とかです。

映画なのでさすがに許可取ってるのでしょうが、びっくりする面子です。

 

まとめ:どうせならネタ回だけで

 個人的にはかなり満足でした。

原作の良さであるパロディ・メタ的ギャグをできる限り盛り込み、しかも映画オリジナルで展開されていました。

ただ唯一気になったのは、紅桜編をベースとしていたことです。

紅桜編は原作初期の話ですが、過去の攘夷志士としての仲間である高杉(堂本剛)との再会などがストーリー上重要です。それ以降、かつての仲間同士が敵対する間柄として幾度もあいまみえることになります。

と、言った感じで、原作としては紅桜編は導入でありつつもその後の展開上重要な位置を占めていると言ってよいでしょう。しかし、2時間程度の映画の中で、あえて時間を割いてシリアスな展開含む紅桜にまつわる話をまとめる必要があったのでしょうか?

いっそのこと、原作のネタ回だけで1本作ってみてもよかったのではと勝手に思いました。

 まあ、ヒットしたときの次回作につなげるためということもあるのだと思うので、次は更なるネタ映画としての製作に期待です!

 

銀魂―ぎんたま― 70 (ジャンプコミックス)

銀魂―ぎんたま― 70 (ジャンプコミックス)

 

 

 

銀魂BEST4 (期間生産限定盤)(DVD付)

銀魂BEST4 (期間生産限定盤)(DVD付)