今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】-23 『帝一の國』 男とはこれほどまでに馬鹿なのだ。

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

 『帝一の國』を見てきました。小学生以来ジャンプ読者としては、SQとはいえジャンプマンガとして実写映画にまでなる作品として気になっていました。

www.teiichi.jp

あらすじはこちら。

時は昭和――。
赤場帝一は「総理大臣になり自分の国を作る」という人生の目的と野望のため、全国屈指の頭脳を持つ800人のエリート学生達が通う、日本一の超名門海帝高校の生徒会長になる事を決心した。政財界に強力なコネを持ち、海帝高校で生徒会長をつとめたものには、将来の内閣入りが確約されているという。「ライバルを全員蹴落として、必ずここでトップに立つ…そのためならなんでもする…どんな汚いことでも…。2年後の生徒会長選挙で優位に立つには、1年生の時にどう動くかが鍵となる。戦いはもう始まっている。」。

出典:wikipedia

設定としては学園モノで、ギャグ全開です。

1.原作について

shonenjumpplus.com

帝一の國』(ていいちのくに)は、古屋兎丸による日本の漫画作品。『ジャンプSQ.19』(集英社)にて、2010年創刊号から2011年秋号まで連載された。その後本誌の『ジャンプスクエア』(集英社)に掲載誌を移し2012年3月号から2016年5月号まで連載。話数カウントは「第○話」。
新字体(当用漢字)での「帝一の国」表記は誤りである。

出典:wikipedia

原作はジャンプ関連雑誌のジャンプSQ創刊時から連載され、本誌『スクエア』に移籍してから2016年5月号まで連載されていた様子。

SQ自体がまだかなり"若い"雑誌なので、そこまでの影響力がない中、ここまで注目を集めるのはすごいことだと思います(とはいえ、現連載作品には青エク、新テニ、Dグレ、ToLOVEる等々あるので、作品群としてはすでに一定の地位を確立しているようにも見えます。)。

本作、①絵のタッチが少女マンガ的であること、②男子校が舞台でイケメン男子ばかりの絡みなどなど、ジャンプマンガとは思えない一定の女子層に刺さりそうな作品です。

「ジャンプマンガとは思えない」と自分で書いておきながら、すぐ上にテニプリを挙げていたことを思い出しました。まさにテニプリ的な立ち位置です。

 

2.俳優陣が豪華

ギャグ漫画ではありますが、男子校でイケメンたちが生徒会長の座を争う設定上俳優陣もかなり豪華です。

若手イケメン俳優をガンガン投入してます。他作品であれば、それぞれが主役であってもおかしくない若手イケメン勢揃いといった感じです。

菅田将暉(赤場帝一)

f:id:hiroki0412:20170611151838p:plain

生年月日:1993年2月21日(24歳)

出身地:大阪

出演作品:仮面ライダーW(フィリップ)

 

野村周平(東郷菊馬)

f:id:hiroki0412:20170611152259p:plain

生年月日: 1993年11月14日(23歳)

出身地:兵庫

出演作品ちはやふる(真島太一)

 

竹内涼真(大鷹弾)

「竹内涼真」の画像検索結果

生年月日: 1993年4月26日(24歳)

出身地:東京

出演作品仮面ライダードライブ

 

間宮祥太朗(氷室ローランド)

「間宮祥太朗」の画像検索結果

生年月日: 1993年6月11日(23歳)

出身地:神奈川

出演作品:弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜(岡留圭)

 

⑤志尊淳(榊原光明)

「しそんじゅん」の画像検索結果

生年月日: 1995年3月5日(22歳)

出身地:東京

出演作品:烈車戦隊トッキュウジャー(ライト / トッキュウ1号)

 

千葉雄大(森園億人)

f:id:hiroki0412:20170611154643p:plain

生年月日: 1989年3月9日(28歳)

出身地:宮城

出演作品天装戦隊ゴセイジャー(アラタ / ゴセイレッド)

 

こうしてみると、仮面ライダー/戦隊の2大ニチアサ作品を経験した人ばかりです。

やはり日曜朝はいまだに若手イケメンの登竜門として機能しているようです(若いお母さんの影響力が垣間見えます)。

3.まとめ‐バカバカしいがリーダシップの勉強にもなる良作

原作がギャグ漫画なので、映画でも生徒会長の座をかけてとにかくくだらない戦いが繰り広げられます。

そんなはっちゃけた作品を今をときめくイケメンたちが真面目に演じていることが本作ヒットの要因でしょう。実際、映画を観ている人たちは若い女性が多く、各俳優陣のファン層が作品ヒットに貢献したのだと思います。

一方で、生徒会長というリーダーを目指す闘いの中で、「本当によいリーダーとはどういう人物か?」について描かれるのも本作の特徴です。ただ、バカをやっているだけではありません。

帝一はどんな手を使ってでも次期生徒会長になろうとしますが、弾や他のメンバーの考え方・行動を見て徐々に変化が出てきます(変わらないところもあります)。なぜ、帝一はそこまでして生徒会長になりたいのか?他のメンバーは?

政治的な戦いの中に、青春とおバカな高校生活が詰まっていてとても充実した作品でした。

 

帝一の國 1 (ジャンプコミックス)

帝一の國 1 (ジャンプコミックス)