読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】-8 『スーサイド・スクワッド』 DC好きのDC好きによるDC好きのための映画

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

台風がくると涼しくなりますね。

私は夏も冬も苦手なので、最近の極端な気候は生きずらいです。

外は出歩きたくないので、映画がはかどります。

スーサイド・スクワッド』を見てきました。宣伝見てるとおもしろそうだったので期待は膨らみます。

wwws.warnerbros.co.jp

※ちなみに、自分はアメコミヒーローに対して詳しくない状態での本作です。

 

漂うヴィランたちの小物感

何度も言いますが、

※自分はアメコミヒーローに詳しくない状態での鑑賞

でした。

そういう一般人代表として言うと、

ヴィランたちの小物感がすごい」

です。今回はこれに尽きました。

改めて、下記のような記事を読むとそれぞれヴィランとしてコミックやアニメで人気があると。好きな人にはいいのかもしれませんねぇ…

justiceleaguenews.hatenablog.com

最大の問題は

武器のインパクトに欠ける。映画館で見て画にならない。

という点。

それぞれの武器があまりにショボイ。アベンジャーズ的なノリで見に行くと大けがをします。ブーメランて。バットて。

 

ハーレイ・クインはかわいい

本作の唯一の良かった点は終始ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)がかわいかったことでしょう。

f:id:hiroki0412:20160919160517j:plain

HPでも「魅力的なキャラクターがいっぱい」といいつつ、「史上最強の”悪カワ”ヒロインと10人の悪党たち!」というなんともブレブレな記載が…

結局、キャラ立ちしているのが、ハーレイ・クインとデット・ショット、あとはディアブロといったところでしょうか?

 

まとめ

結局この映画を楽しむには、

・DCのその他のコンテンツにむちゃくちゃ詳しくなる

・細かい描写を無駄に深読みする

のどちらかだと思います。単なるド派手なバトルが見たいならアベンジャーズの方が面白い。

そもそも、このスーサイドスクワッド(自殺部隊)計画。発案された理由は、「スーパーマン亡き後、新たな超人類(パラヒューマン)が人類の敵として現れた場合の対抗策」と語られています。

ほーん…へぇー…

こいつらでスーパーマンに勝てんの???

そもそものキャラ設定の問題なのかもしれませんが、正直メンバー構成にだいぶ問題があるんじゃないかと思えてなりません。

次回作をやりたそうな雰囲気で終えていたので、2作目ではより強力なヴィランが参加することを祈ります。

 

 

ダークナイト 特別版 [DVD]

ダークナイト 特別版 [DVD]