今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】-5 『ゴーストバスターズ』 安定のくだらないおばけ映画

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

「今年は史上最も暑い夏になる。」誰が言っていたか。NASAです。

www.huffingtonpost.jp

NASAにそう言われたら、ビビっちゃいます。でも、思ったより暑い日は少ないように思います。梅雨も長かったですし。(これからまだ夏が長引くのかもしれませんが…)

 

夏の暑さはさておき、『ゴーストバスターズ』を見てきました。懐かしいです。

www.youtube.com

イエス!ゴーストバスターズ

昔繰り返し見てました(内容は覚えてない)。アダムスファミリーとかバックトゥザフューチャーとか。

 

今回から、主人公たちを女性に変えて再起動のようです。

www.ghostbusters.jp

安定のくだらなさ

自分の覚えている限り(何度も言うが昔の作品の内容覚えてない)、このシリーズは適度なおばけの驚きと主人公たちのくだらない言動を見てケラケラ笑う映画です。本作もなかなかのくだらなさです。主人公たちの風変りな行動もですが、事務係のケヴィン(クリス・ヘムズワース)があまりにおバカすぎて笑えます。まあ、意外と彼がキーパーソンですが…

CGのちからでパワーアップ

第一作が30年前とかなので、やはり映像技術がけた違いに進化しています。おばけもCGのちからで表現力がアップしてます。まあ、コメディゴースト映画にどこまで表現力が必要なのかは不明ですが。

自分は普通のスクリーンで見ましたが、3D上映もしているようです。別にディティールを負う必要のないので迫力を楽しむにはいいかもしれません。

まとめ

特に内容について、考えたこととかないです。ただ、馬鹿馬鹿しくて笑って満足でした。アメリカコメディ映画らしい何も考えずに見れる映画です。字幕で見ましたが、ジョークのタイムラグも特に感じませんでした。

配給が違いますが、USJでアトラクションとか作るとよさそうなコンテンツです。