今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

散策日記 出張編 京都:ウィスキー工場、貴船川床

東京も8月に入ってやっと梅雨が明けました。

家の目の前の木からうるさいくらい聞こえる セミの鳴き声と毎日のようにどこかで聞こえる花火の音(自分は行かないですが)が夏を感じさせます。

 

先日、京都に行ってきたのでその日記を書こうとしている間に時間がたってしまいました。今回の目的は、主に貴船の川床です。2年前は、雨にやられ床に出られなかったのでリベンジです。

川床は2日目。1日目は山崎のウィスキー工場に行きます。

f:id:hiroki0412:20160807104514j:plain

京都駅に到着しまずは腹ごしらえ。

tabelog.com

京都駅から少し歩いたところに、2軒並んでラーメン屋さんがあります。新福菜館第一旭。常に大行列ですが、今回は新福菜館に入れたのでラッキーでした。

最近東京にも進出しましたが、濃くて甘めのしょうゆ味です。うまい。

 

f:id:hiroki0412:20160807104527j:plain

京都駅から山崎駅へ徒歩5分ほどで目的のウィスキー工場に到着です。

f:id:hiroki0412:20160807104541j:plain

山崎工場の歴史なんかも展示していありましたが、写真に収めてません(ウィスキーの試飲ができると聞いていたのでそれ以外はほぼスルー)。ブレンド用のウィスキーが並ぶ棚に心躍りましたが、次の試飲コーナーに心が奪われ手振れがひどい…

f:id:hiroki0412:20160807104558j:plain

①ニューポッド:蒸留仕立て(樽に入れていない)。

②YAMAZAKI Selection:山崎工場で作った山崎ウィスキー(シングルモルト)。ほぼ寝かせてない。

③響30年:響(ブレンド)の30年物。

感想としては…①と③に衝撃でした。①は正直飲み物じゃない。ただのアルコールでした(すみません3人がかりで飲み切れませんでした…)。③はほんとにすごい。アルコールの角が全くない。このあと、おなじ響のJAPANESE HARMONYと21年物を買って比べてみましたが、全く味が違います。

ちなみに、すべての試飲は15mlでの提供。響30年は2,900円/15ml。ネットでボトル当たりの値段を調べて驚愕しました。

kakaku.com

来年のボーナスで買いたい…。

 

www.14haru.com

お宿は街中ながら町屋風情を楽しめる十四春旅館さんにお世話になりました。

明治時代の建物でもともと薬屋の社長さんのお宅だったとか。

f:id:hiroki0412:20160807104633j:plain

中庭が綺麗です。すでに旅館としての利用年月の方が長いとか。

 

f:id:hiroki0412:20160807104701j:plain

f:id:hiroki0412:20160807104801j:plain

風情があっていいです。ずっと住んでいたい。

周囲も比較的静かです。次回も利用したいと思います。

 

tabelog.com

翌日の川床を見据え、夕食はイタリアン。

f:id:hiroki0412:20160807104830j:plain

f:id:hiroki0412:20160807104844j:plain

巨峰(旬のフルーツ)のカプレーゼが美味。

なによりスタッフさんのサービスが素晴らしかった。お皿やグラスが空いたタイミングで、嫌味のない程度に飲み物や料理を薦めてくれます。以前イタリアンレストランでホールスタッフの経験がありますが結構難しいんですよねこれって。

 

f:id:hiroki0412:20160807104904j:plain

旅館に戻って。夜の中庭もよい。本番の明日に備えます。

 

ついに今回の目的、貴船での川床です。今年は、非常に天気が良い。

ちょうどポケモンGOが流行っているタイミングなので、トレーナーさんもたくさんいました。

右源太・左源太 春夏料理 | 貴船 右源太 Kifune Ugenta

f:id:hiroki0412:20160807104936j:plain

貴船口から送迎バスで上がってくるのに20分くらいかかりましたが、問題ありません。食事が始まる前から

床の上だけ、5度くらい気温が低くすごい涼しいです。

f:id:hiroki0412:20160807105009j:plain

日本酒で食事を頂きます。地ビールもあります。

f:id:hiroki0412:20160807120002j:plain

f:id:hiroki0412:20160807105411j:plain

途中から料理の写真を撮るのも忘れて飲み食いしてました。

 

ちなみに、夏には鴨川沿い(四条あたり)でも床が出ますが、正確には貴船=「川床(かわどこ)」、鴨川=「納涼床(のうりょうゆか)」らしいです。知らなかった…。

www.nikkei.com

 

 

京都の川床110 (Leaf MOOK)

京都の川床110 (Leaf MOOK)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2011/04/30
  • メディア: 大型本
  • クリック: 16回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)

もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)