読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】-2 『アイアムアヒーロー』ホラーだけどコミカルそして長澤まさみ

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。

 週末はよく映画を見ているので、どうせならその感想を書いていこうと思う。

原作(マンガ)は読んでないけど、特に面白そうなものもないし、長澤まさみが出てるのでアイアムアヒーローを見てきた。

www.iamahero-movie.com

前提知識:なんかゾンビ(?)もの

主演:大泉洋有村架純

その他出演者:長澤まさみ

まあ、自分にとっては、長澤まさみが出てることが一番重要だった。

ホラーはあんまり好きじゃなかったけど、

長澤まさみ>ホラー

でした。

主人公・鈴木英雄は、さえない35歳の漫画家。デビュー作は連載開始後半年で早々に打ち切られ、借金も背負い、アシスタントをしながら再デビューを目指しネームを描いては持ち込む日々が3年を経たが、依然として出版社には相手にされない悶々とした日常を過ごしている。職場の人間関係も上手く行かず、さらに夜になれば何者かが忍び寄る妄想に囚われ、朝方まで眠れぬ生活が続いていた。そんな無為な日常の中の救いは、恋人である黒川徹子の存在。だがその彼女もすでに売れっ子漫画家になった元カレを何かと引き合いに出し、さらには酔うたびに英雄の不甲斐なさをなじる始末。

その一方、社会では2009年のゴールデンウィークシーズンを前にして、不穏な兆候を示す出来事が相次いで起こっていた。全国的に多発する噛み付き事件、町に増えてゆく警官の数、厚労相の入院と入院先での銃撃戦といった報道。英雄も深夜、練馬区石神井公園付近の雑木林で、タクシーに轢かれて両腕と右足が潰れ首が真後ろに折れても運転手に噛み付き奇声を発し立ち去る女性を目撃する[6]。だが、日々の生活で手一杯の英雄らにそれらを気に留める余裕などあるはずもなかった。

そしてある日、そんな日常は思いもよらない形で崩壊を始める。英雄の眼前に繰り広げられるのは、周囲の人々がゾンビのような食人鬼と化す謎の奇病が蔓延、彼らに噛み付かれた者は感染者となり次々と増えて行く悪夢のような光景であった。恋人や仕事仲間も犠牲となり、世界がパニック拡大と秩序崩壊へと覆われるパンデミックの中、英雄は早狩比呂美との出会いを通じ、世界の崩壊から生き延びようとする。

出典:wikipedia

本作はホラーでスプラッターなのだが、ところどころに出てくるコミカルな描写のせいか、結構笑える作品になっている。「ZQN」が突然出てくると驚くが、そのZQNもなにか滑稽なところがあるものが多い。

上のあらすじは、マンガ版なので映画とはちょっと違うよう。

ただ、共通しているのは、

①主人公がさえない、ただし、パンデミックの中で変化が起きる

②主要キャラそれぞれに社会関係で暗い過去がある

といったところか。

映画は、時間が短いこともあって、基本的には英雄がアウトレットモールでの戦いを経て変化している(成長していく)様にフォーカスしている。

原作では、より詳細に登場人物すべてに関して、社会との軋轢を描いているようだ。観戦していない理由が、たいていその暗い過去にあるが故生き残ったコミュニティではそういった人間ほど横柄な態度に出ている(そういったところは、映画では描写が少ない)。

 

 長澤まさみ演じる藪が「ZQNは過去を生きている」といった言葉を英雄に投げかける場面がある。ZQNになった人々は、社会に溶け込めていた人々、社会に所属し我慢できていた人々ばかりだ。

一方、生き残った人々は多くが社会から取り残された人々なのだ。パンデミックが起こった後の世界は、果たして「生き残った」のか「取り残された」のか…