読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

コンサルできない金融機関と資金調達できないコンサル

 自分は金融機関で働いていて、事業法人向けに営業をしている。その中で思ったこと。
 
 金融庁は、主に銀行に対して、「コンサルティング機能」なるものを発揮することを求めているらしい。中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針 : 金融庁
だが、実際金融機関で働いている身で、中小企業の資金調達の現場を見ている人間からすると、この考えが全く根付いてないし今後も根付く気配がないと感じている。

 この理想自体は、とても共感できる。顧客の置かれている状況を把握し、第三者的に分析したうえで、サービスの提案ができればそれが最もベストだと思う。だが、はっきり言う。
 

金融機関の人たちは、顧客のことなんて全然考えていない。自分のノルマの方が優先だ。

 会社の状況をまとめて提案書に落とそうとしたら「それはコンサルの仕事だろ」と言われたのは今でも覚えている。基本的に、独りよがりに商品を提案して、だれか引っかかればいいという発想なのだ。「晴れの日に傘を貸して、雨の日に回収する」と言われる理由もわかる。

 
 いわゆる戦略コンサルティング会社etcは、もともと「提案するだけで実効性がない」なんて言われていたが、最近は変わってきたらしい。社員が顧客の会社内に常駐して、プロジェクトを遂行するという話もよく聞く。

 ただ、経営戦略を描いて組織を改編する・システムを導入するということに関して音頭をとることはできるが、そのための資金はやはり金融機関から調達しなければならない。

 コンサル業界については外野なのでとやかく言わないが、金融機関との距離がもっと縮まればいいなと思う、今日この頃。