今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

『流動化・証券化』に関するおすすめ書籍

 先日、映画『マネーショート』がなかなか不親切な映画だということを記事に書いた。

 

hiroki0412.hatenablog.com

 

 今回は、証券化・流動化を勉強している(これから始める)皆様に自分が読んだ書籍の中で、よかったものとあまり参考にならなかったものを紹介したい(この記事を読んだご専門の方で、もっと良い本をご存知の方にはぜひご教示いただけると幸いです)。

1.参考になった書籍

資産・債権の流動化・証券化 (新金融実務手引シリーズ)

資産・債権の流動化・証券化 (新金融実務手引シリーズ)

 

  おそらくもっとも読み返している。「流動化・証券化」は、各資産によってスキームの構築が異なってくるが、共通の部分(真正譲渡って何かetc)については本書がもっともまとまりがよかった。

 

債権流動化の法務と実務

債権流動化の法務と実務

 

 少々古い本ではあるが、各資産(オートローンやカード債権など)ごとのスキーム例があるので、結構重宝する。 

 

 

ストラクチャード・ファイナンス入門

ストラクチャード・ファイナンス入門

 

  さらに古い本。ただ、大抵の本の参考文献で出てくるので読んでみる価値はある。

 

 

実践ストラクチャード・ファイナンス―基本からリスク分析まで
 

 本書は、入門としてはあまりお勧めできない(自分は、勉強しはじめに読んだが意味が全く分からなかった)。実務上の論点が凝縮されているので、お仕事で困ったときに開くものか。

 

 流動化・証券化の全体像としては、上2つで十分。余裕があれば、大垣さんのものも読んでみるといいという感じ。永野さんの「実践~」は、実際に案件に触れているうちに、理解が深まる本だと思う。

 

2.あまり役に立たなかった本

実践 証券化入門 (金融職人技シリーズ)

実践 証券化入門 (金融職人技シリーズ)

 

  実践と書かれているが、この本で何か実践できるようにはなりそうもない。証券化に関する背景知識は学べる。

 

入門実践金融 証券化のすべて

入門実践金融 証券化のすべて

 

 「証券化のすべて」と言っているわりにとても偏った内容(ほぼRMBSについて)。各債権の特性を知りたい場合は、みずほ信託編を読むべき。

 

アセットファイナンス実用ガイド―オフバランス経営革新と資金調達

アセットファイナンス実用ガイド―オフバランス経営革新と資金調達

 

 他書とは趣が異なり、売掛債権の流動化のメリットを事業会社視点から書いたもの。誤字が非常に多く、中身もスカスカなので、売掛債権流動化について知りたい方は、経産省の資料を読んだ方がいい。

http://www.meti.go.jp/report/downloadfiles/ji04_07_13.pdf

 

 自分自身、この分野の書籍をあさっている中での現状の感想です。皆様のご参考になれば。