読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日は何読もう。何観よう。

旅と読書と美味しいものと。

【映画】-20 『虐殺器官』ゼロ年代の天才は何を遺したか?

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 伊藤計劃三部作最後の作品『虐殺器官』がやっと公開されました。 project-itoh.com 9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引…

【映画】-19 『沈黙-サイレンス-』 信仰について改めて考える

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』を見てきました。 遠藤周作さんの原作も好きですが、映画も素晴らしかったです。 chinmoku.jp 17世紀…

『モテキ』と『東京タラレバ娘』で比較する30代男女の恋愛観

久しぶりにマンガ喫茶に行って 『東京タラレバ娘』を読んできました。面白いですね。 男の恋愛応援マンガ『モテキ』が好きな自分としては、同年代の男女の恋愛観の違いが興味深かったので2作品を比べてみたいと思います。 モテキ コミック 1-5巻セット (イブ…

アマゾンはどこで間違えたのか?:Kindle Unlimitedを解約しました。

このブログは映画感想ブログのようになっていますが、実際は読書が趣味の私は、下記記事の通りKindle Unlimitedにも一定の期待感を持っていました。 hiroki0412.hatenablog.com 2か月前時点でも、現状ではコンテンツに魅力は乏しく今後のコンテンツ増強に期…

【映画】-12 『何者』 何者かになろうともがく若者たちの世界

※この記事は、映画の内容について若干のネタバレを含みます。ネタバレを好まない方は映画を見た後お読みください。 季節がだいぶ秋めいてきました。秋物の服を買わなければ…。ただ、夜は寒いくらいですが日中はまだまだ暑い日もあり体調崩しそうです。 今日(…

就活では「何者」にもなれない

『何者』が映画化するみたいですね。10/15上映。 今の職場での将来に不安を覚えつつ、「何者」でもないので大した転職先がない自分にはタイムリーです。 『何者』の主要キャラたちの背景やその後を描く『何様』が出たのを機に、小説を再読すると色々考えまし…

散策日記:1 上野 ROUTE BOOKS

読書メーターでときどき、読書会の招待を受けたりするんですが、平日がほとんどでなかなか参加できません(仕事の終わりが予測できない)。 今回も、下のイベントに招待いただいたのですが「5/17(火)か…」ということで泣く泣く辞退しました… bookmeter.com で…

【映画】-1『マネーショート』がマニアックすぎた② CDS

社会人になってからの不定期の日課が、ナイトシネマで映画を見ることなのだが、「ちはやふる 上の句」を見る機会をついにのがしショック… 前回の続きで、『マネーショート』の不親切な解説でちんぷんかんぷんにならないように、金融商品の大雑把な概要をまと…

【映画】-1『マネーショート』がマニアックすぎた① ABS

少し前になるが、タイトルの『マネーショート 華麗なる大逆転』を見てきた。 マイケル・ルイス著「世紀の空売り」が原作で、リーマンショックの引き金となった米国住宅ローンバブルの裏で、逆張りにより儲けた人たちの話。 これだけ見ると単純な話だ。 要は…

ヒトより民主的なミツバチ

今回は、この前読んだ『ミツバチの会議』という本を読んで考えたことのまとめ。 Embed from Getty Images ミツバチと言えば、はちみつを作って私たちの生活に貢献しているが、実は高校生物の教科書に載るくらい面白い生態を持っている(※1)。そんなミツバチが…